読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"なにか"

 どうしても眠れない夜というものはある。もやもやしたもの、得体の知れないなにかが頭の中、胸の奥に居座っていて気分がすぐれない。ことばで表現できない"なにか"、鵺的な"なにか"が私を締めつける。でも、その"なにか"って一体なんなのだろう。これを「ふあん」と一言で片付けてしまうとどこか軽々しい感じがするし、そのふあんにもいろいろあるだろうとも思う。強い不安、弱い不安と言ったところでそれは私が今抱いている"なにか"とは違う。

 

 世界を言葉で言い表すと、言葉で言い表せないものの存在に気づく。どんなに言葉を継ぎ足そうと、言葉で言い表せないものが無限に出てくる。その意味で言葉は不完全だと思う。この世界は言葉の世界よりもずっと広い。有限の言葉で無限のこの世界を言い表せない。だから、もやもやする。でも、なんで言葉を持っちゃったんだろうなんてことは私は思わない。だって、言葉がなかったら家族や友人と他愛もない話をすることができないから。言葉がなければ友人の考えを知ることもできないし、論文なんかただの紙切れになってしまう。言葉がなければ他者の考えを知ることはできなくなる。というか、言葉がなければそもそも考えなんてものは生まれないんじゃないか。私たちは言葉で考えている。たとえば、「今日は雨だから傘を持って行こう」と考えるときには言葉で考えていると思う。言葉抜きの考えはありえない。「」このようなカギカッコがあるとしてそのなかに何か考えがあるとは私にはとうてい思えない。ただのカギカッコにしか見えない。だから、言葉と考えはセットになっていると思う。言葉が考えを作り、その考えを言葉が運ぶということなんだと思う。言葉がない世界では自分が他者の考えを理解することはできないし、そもそも考え自体が消失してしまう。そして、自分が他者の考えを知ることができなくなるならば、自分にとっての他者という存在はかなり薄い影のようになってしまうと思う。言葉はだから、他者を色濃く浮かび上がらせる働きを持っているということができると思う。私にとって他者の考えを知るのは刺激的で、他者の考えがなければ今の自分もないと思っている。だから、他者を浮かび上がらせる言葉のない世界なんて想像できない。少なくとも想像したくない。

 

言葉で言い表せないなにかは確かにある。言い表したいのに言い表せない。そのもやもやは私を苦しませる。なにかを言い表す言葉がないならなにも言わなければいいのか。語りえぬものについては沈黙しなければならないとどこかの誰かが言ったけれど、語りえぬものは語ることによってその正体が次第に部分的にでもわかってくるんだと思う。ことばは有限だと言ったけれど、それは他者という無限の可能性を秘めた存在へと私を導く切符なのだと思う。

りんごが落ちた

りんごが落ちた🍎

またりんごが落ちた🍎

またまたりんごが落ちた🍎

またまたまたまたりんごが落ちた🍎

さて、今度はりんごは落ちるだろうか

やっぱりりんごは落ちた🍎

この世に落ちないりんごなんかあるのかなあ

全部のりんごで試して見たいなあ

でもむりだよなあ

きっとすべてのりんごがおちるんだろうけどね

まあいい

今日のところはこのりんごで最後にしよう

ぽいっ

...........................。

 

 

 

 

 

 いやぁ。春ですなぁ。 春っていいですね。だって、桜も綺麗だし、風もここちいいもん。

 春は始まりの季節ですね。今日は県大の入学式がありました。新入生、ご入学おめでとう!まだ型崩れしていないピカピカのスーツに身を包んで少し歩きにくそうにしているところがすごく初々しかったです。それにしても、自分自身の入学式から一年も経ったとは信じられない。一年前の入学式のことはまだ昨日のことのように鮮明に覚えているというのに。一年ってこんなに短かったのか、、、。うーむ。大学四年間なんてあっという間に過ぎてしまうのかもしれないなあ。実は今日ブログを書く予定はなかったのだが、はてなブログからこのような脅迫状ともとれる内容のメールが送られてきたのでブログを書くことにした。そのメールがこれだ。f:id:kawamuge30117424:20170406225603p:image

眠いし今日は早く寝ようと思っていた矢先にこれだ。渋々書きはじめたはいいものの全然筆が進まない。だから、もう寝ます。おやすみなさい。

不安

 一人暮らしを始めてからもうすでに一年が経とうとしている。越してきた当初は何もなかった部屋が今ではだいぶと賑やかになっている。まあ、賑やかになりすぎた感は否めないが...。

一人暮らしを始めてすぐの頃は毎日が不安でいっぱいだった。一人で暮らすというのはこんなにも心細いものなのかと思った。やはり家族や気心が知れた友人の存在は大きいとその時実感した。不安を紛らわすために地元の友人に電話をかけまくったりしていたが今思えば本当に迷惑だったろうなと思う。ごめんなさい。そんなこともあったけれど、大学生活にも慣れ、友達もできてくるにしたがって不安は徐々に解消されていった。だが、最近また不安がぶり返してきた。なぜだろう。大学生活にも慣れ、大学での友達もできて安定してきたはずなのに。おかしい。何が私をこんなにも不安にさせるのだろう。失われた単位に対してか、それとも、教習所の期限が迫っていることに対してか。生活習慣の乱れが不安となって現れているのか。うーむ。わからない。本当にわからない。どう思う?コダック。本棚の上に鎮座しているコダックに問いかける。当然返事はない。コダックはいいなあ、不安なんて感じたことないみたいだ。まあ、なんでもいっか。不安というのは往々にして原因がわからないものだ。無理に原因を特定しようってのも骨折り損のくたびれもうけってやつかもしれないなあ。それよりも自分の好きなことをやろう。不安をこねくり回しても不安にしかならないよなあ。いっぱいドラムを叩こう。叩いて叩いて叩きまくろう。

おはようございます

あさですね

こんなにくらいけれど

あさですね

あさっていうことにしましょう

ぼくのなかでのあさです

みんなのなかでのあさはぼくにとってのひるです

べつによるがあさでもいいじゃない

あさをあさとよぶひつようはない

だからぼくはいまこのしゅんかんをあさとよぶ

じつにすがすがしいあさだ

なにかいてるんですかね

いみわかんないな

もぅ、無理。。。まじぃみゎかんなぃ、、、リスカしょ、、、、。

 

Huuuuu!!!

 みなさん、今日が何の日かわかるだろうか。ローマ帝国が東西に分裂した日だろうか、後鳥羽天皇院政を開始した日だろうか、はたまたアヴィニヨンの幽囚が終わり、教皇庁がローマに帰った日だろうか。いや違う。そんなことではなかったとおもう。でもどうしても思い出せない。さっきからずっと考えてんだけどな〜。んー、思い出せないな、、、。んー、、、何だったかな、、、。あっ!そうだ、思い出した!今日は私、たくや∞の誕生日じゃないか!

 

というわけで今日、私は19歳になった。でも19歳になったという実感は全くない。なぜならわたしは今日朝から大学で授業を受け、バイトに行き家に帰って飯を食らうといういつもと同じ日常を過ごしているからだ。毎年、家族の誰かが誕生日だと家族でどこかへ外食するというのが普通だったが、今年は下宿だしバイトガチ勢だしでなかなか家族であつまることができないのが実情である。誕生日なんて実質他の日と変わらないって言ってしまえば話は早いが、やはりまだ若いし誕生日気分は味わいたいというのが正直な感想だ。

ところで、19歳って中途半端な歳だなと思う。なぜなら、18歳は大人の世界へ足を踏み入れた感があるし、20歳は成人式というビッグイベントがある。でも、19歳ときたらなにもないのではないか?強いて言えば素数ということぐらいじゃないか?あいにく私は素数マニアではないし素数に対して特に思い入れがあるわけでもない。19歳から抜け出してはやく成人したい。

とはいえ無事に齢を一つ重ねることができて良かったと思う。謝謝。

 

今日同じ学科の方から誕生日プレゼントを頂いた。

f:id:kawamuge30117424:20170117205643j:image

イネ!!(型のペン立て)とサボテン!!(型のペン)だ。溢れ出る環境生態感。。。これだけリアリティがあれば、文具としてもさることながら観賞用としても十分楽しめそうだ。f:id:kawamuge30117424:20170117214645j:image

試しにサボテンを挿してみた。なかなかいい。これから毎日大学の講義に持って行こうかしら。もちろんそんなことはしない。こんなやつが隣にいたら気が狂いそうだ。講義どころではなくなるだろう。隣の人点数を下げたい人はぜひ活用してもらいたい。

 

最近講義に集中できないから今日は早めに寝ます。でもその前に課題終わらせます。頭痛が痛い。さようなら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現実逃避

寒い。課題やりたくない。でもなにかしたい。そう思って突然思いついたようにブログを書き始めるような大学生が果たしてこの日本中に何人いるのだろうか。たぶん、星の数ほどいるだろう。私もそのような発想に至って、つい先ほどこのブログを開設した。そのような動機で書き始めたブログは長くは続かないことが多い。しかし、私はその常識を打ち破ってみたい。現実逃避から始まるblog、、、。友達から始まる恋みたいでなんかいいね。ところで、blogのいいところはツイッターのように140文字までといった字数制限がないため自由に自分の考えを述べられるところにあると思う。もちろんツイッターはすごく便利なツールだけど思ったことをだらだらと書き連ねるのには向いていないと思う。そんなことをすればTLがすべて自分のツイートで埋まってしまう。わたしはツイッターを否定しているわけではない。寧ろツイッターは大好きだ(大声)!!というとなんだかツイ廃みたいだが全くそんなことはない(らしい)。ところで、昨日は大雪だった。どれくらい大雪だったかというとこれくらいである。(大きく手を広げながら)少しわかりにくかっただろうか。まあ、とにかく大雪だった。大阪府民のわたしにはちょっと刺激が強すぎた。すごくアブノーマルだった。すごくアブノーマルだった。(大事なことだから二回言った)大阪市内は積もってもせいぜい10センチぐらいだが、昨日の彦根は30センチを超える積雪だったらしい。正直彦根の冬をなめていた。(同じ近畿圏やし、そんなに降らんのちゃん...?)などと思っていた。申し訳ございませんでした。お詫びして訂正します。

玄関を開けると洗濯機がカワイイ感じになっていて萌えた。

f:id:kawamuge30117424:20170116040318j:image

こんな萌えシチュを提供してくれるなんて彦根の雪もなかなかやりおる。そうこうしてるうちにもう4時になってしまった。夜勤で感覚が鈍ってきたのかな。全く眠くない。でも頑張って寝ようと思います。オヤスミナサイ。